クローラータイプの平坦路面を回転させ、緩和長・定常時のコーナリング特性及びバネ定数測定試験を受託しています。

特徴

  • フラットベルト試験機と比較し、擬似路面の剛性が高く安定したデータの測定が可能
  • 恒温槽を備え環境温度を変化させての試験が可能(5℃~45℃)

メーカー

BANZAI・T&T製

試験機仕様についてはこちら