最大240km/hまでタイヤユニフォミティ測定試験を受託しています。

特徴

  • 横型による低重心・部材の高強度化により、装置とタイヤの 共振振動を大幅に低減
  • 機械の固有振動数は、JASOC618基準の170Hz以上に対し約2倍の350Hz以上
  • これにより高速回転測定が可能かつ、20次までの高次数成分の計測が可能

メーカー

神戸製鋼製

試験機仕様についてはこちら