相互に独立して回転する円盤状の試験片と研磨輪とを、円周面で規定の付加力で押しつけて両者の表面速度の差から試験片を摩耗させ、摩耗評価試験を受託しています。

特徴

  • 円盤状の研磨砥石および円盤状の試験片を、回転差をつけながら押しつけ、試験片を摩耗させる
  • 微小スリップ率での試験が可能

メーカー

A&D製

試験機仕様についてはこちら