相互に独立して回転する円盤状の試験片と研磨輪とを、円周面で規定の付加力で押しつけて両者の表面速度の差から試験片を摩耗させ、摩耗評価試験を受託しています。

 

特徴

  • 円盤状の研磨砥石および円盤状の試験片を、回転差をつけながら押しつけ、試験片を摩耗させる
  • 微小スリップ率での試験が可能

メーカー

A&D製

 

試験機仕様についてはこちら

お問い合わせフォーム

必要な情報をご入力のうえ、送信してください。* 印は必須項目です

<個人情報の取り扱いについて>

個人情報の取り扱いについては、当Webサイトのプライバシーポリシーを遵守します。同意いただける場合は、「同意する」にチェックをお願いします。

同意する *

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。